プロの料理人も一般家庭でも。どんなナイフも生まれ変わる。

ロールシュライファー
Rollschleiferとは。


研ぎ器が必要ではなく鋭く切れる包丁が必要だ。

この原則に従って、ロールシュライファーは開発されました。精巧で厳格なモノづくりで知られるドイツが生んだ「砥石でもシャープナーでもない全く新しい第3の研ぎ器」です。

シャープナーで研いでもまたすぐ切れなくなるし、砥石は研ぎ方が難しい。

この両者からヒントを得て、ロールシュライファーは「包丁を固定し、研ぎ器を動かす」という逆転の発想から、必要最小限の時間(最大5分)と負荷で、プロが砥石で研ぐような鋭い切れ味を作ります。

2016年11月、ドイツ国内で販売が開始されると、瞬く間にその名を広げ、初年度の販売数は14,000台(約2億円)を記録しました。「その評価こそ、顧客のニーズを正しく製品化したことを明らかにした」と、開発者は言います。

現在、ヨーロッパを中心に、アメリカにも販路を広げ、急速にその新たな市場を開拓しています。

- そして、ついに日本へ -

 

- 完璧な精度と圧倒的な美観 - 100%ドイツ製の実力とは。

当たり前を捨てる「逆転の発想」で、刃を均一に研ぐ。

ロールシュライファーは、ナイフを研ぐためのグリップローラーとナイフを支えるためのウッドプレート、この2つの相互作用によってナイフを研ぐツールです。

従来のシャープナーや砥石は、ほとんどの場合、研ぎ器側を固定し、ナイフを動かすことによって研ぐため、グラグラしたり、長年の経験が必要だったり、一定の角度を保って「均一」に研ぐことが非常に難しいです。一方、ロールシュライファーは、ナイフを固定し、研ぎ器(グリップローラー)を動かすことによって研ぎます。

最高品質のネオジム磁石で、刃を完璧に「15度」に保つ。

ウッドプレートの強靭なネオジム磁石にナイフを15度に固定させることで、完璧に「均一」に研ぐことができます。均一に研ぐことは、最も合理的に研ぐということ。無駄な切削を最小限に抑え、それによって大事な包丁やナイフが長持ちします。

15度の角度には理由があります。欧米のナイフと日本の和包丁は、その歴史も素材も用途も違いますが、実は、ほとんど全ての刃物は13-17度の角度で作られている、と開発者は言います。 故に、どんな刃も「15度に固定して研ぐ」ことが、安定的、且つ鋭い刃先を作るという目的を果たすために、最も効率的で、長い歴史で培った日本の研ぎの技術がそれを証明しています。

半永久的に使える ピラミッド型粒子の「ダイヤモンド」砥面。

ロールシュライファーのメイン砥面はダイヤモンドです。ダイヤモンドは、ナイフに使われる全ての素材(ステンレス・鋼・セラミック等)より硬く、正しく使えば、壊れることも磨り減ることもないので、半永久的に使えます。日本でも、砥石を平らに修正する目的としても使われるほど、最も硬い砥石素材として使用されています。

一方、ダイヤモンドは硬く粒度が大きいため、刃に傷をつけやすいというデメリットもありますが、ロールシュライファーに使用しているダイヤモンドは放電ツルーイング法を取り入れることで、砥粒の突き出し(高さ)を均一化し、傷を必要最小限に抑えます。ダイヤモンドの粒子は35µm(マイクロメートル)、これは砥石に置き換えると#430の粒度に相当します。日本では、荒砥〜中砥とされる粒度ですが、ダイヤモンドをピラミッド型にカットし、それをニッケルに埋め込む独自の技術により、日本の研ぎ師が目指すような滑らかで鋭い切れ味に仕上がります。

15度のヒントは日本の研ぎ技術にあった

日本の研ぎの歴史は長い。古くは日本刀から始まる「砥石を使う研ぎ」の技術や文化は、海外でも高く評価を得ています。その技術は、あまりにも繊細で多くの工程を要するが、中でも、砥石に対して15度の角度をつけて研ぐことが最も重要なポイントです。ただし実際には、10円玉3枚分程と言われる曖昧な15度を完璧に保って研ぐ技術は、まさに長年の経験で成し得る職人技。ロールシュライファーは「15度を固定する」という逆転の発想と、「完璧な15度をつくる」精巧な技術により、いとも簡単にこの職人技をクローニングすることに成功したのです。

あのミシュランシェフの必需品


ミュンヘンの一つ星シェフが絶賛!
火入れと同じくらい切ることも大事。

HORL-1993(メーカー)は、ロールシュライファーのブランディングのために、年間40以上の展示会へ出展しています。2019年3月、噂を聞きつけ、ついに、ドイツではその名を知らない人はいないと言われるほど著名なシェフAlfons Schuhbeck氏(アルフォンス・シューベック)がブースにやってきました。


 

Schuhbeck氏は、ミュンヘンでドイツ料理のレストランを経営しています。2003年にオープンし、すぐにミシュラン一つ星を獲得しています。

- Schuhbeck氏のレストラン -
https://www.schuhbeck.de/gastronomie/suedtiroler-stuben/

実際にブースでロールシュライファーを使ってみて、彼はそのパフォーマンスに興奮し、すぐに入手しました。今は、日常で使っているそうです。
ドイツ料理は、シカ等ジビエ肉を使う料理が多く、「肉の味を最大限に引き出すために、火入れと同じくらい 切ることも大事な仕事」と、彼は言います。

有名人が使う製品ではなく、プロが日常で使うかどうか、そのクオリティこそ「本物」だと信じ、ロールシュライファーは日々進化しています。

 

 

 

1種類?3種類?あなたはどっち?

シンプルセット(基本セット)に予めセットされてるダイヤモンド砥面(1種類)で研ぐ切れ味は、普段 家で使う包丁やアウトドアナイフを研ぐには 十分な機能です。
しかし、プロの料理人が使う包丁となれば、さらに繊細で鋭利な切れ味が必要です。

開発者であるOtmar氏は、「私が追求する本物とは、一流のシェフが納得して使う程の切れ味である」と、言います。また、「日本人の場合も、プロ同様の切れ味を求める人が多いのではないか」と。その要望に応えるべく、より細かい粒子のプレートが 取替用プレートとして2種(#3000・#6000)用意されています。

商品一覧はこちら



日本の料理人の多くは、3種荒砥・中砥・仕上げ砥の砥石を使い分けて包丁を研ぎます。当然 切れ味に対するこだわりは一流ですが、一方、そのほとんどが「見よう見まねで研ぎ方を覚え、自己流で研いでいる」と言います。言うまでもないですが、砥石を使って完璧に包丁を研ぐ作業は、非常に高度な技術が必要で、プロの料理人でも難しいとされています。

#3000と#6000のプレートがあれば、包丁の種類や部位によって砥石を使い分ける作業を同様にこなし、最も難しいとされる「均一に研ぐ」技術をロールシュライファーの動作が完璧に代行します。普段から マイ包丁を大切に育てている“研ぎ玄人”のあなたには、是非とも ダイヤモンド・#3000・#6000(3種類)のプレートを使いこなして欲しいです。


ロールシュライファーについて さらに詳しく知りたい方は ▼

- Makuake Page 2019.10 -

- 販売会社について -

ロールシュライファーは、株式会社C isがHORL-1993社の輸入総代理店として日本国内の販売およびユーザーサポートを行います。

株式会社C is(シーイズ )は、海外輸入や海外でのODM・OEMを通して、まだ日本にない「本物」を 日々探し求めて販売しています。「機能的でオシャレなもの」である条件を必須に、ない場合はデザインも全てオリジナルで作るなど、商品はこだわって厳選します。

ロールシュライファーに出合ったのは、ドイツの展示会です。一目惚れして、すぐに交渉しました。機能はもちろん、Made in Germanyにこだわる熱いストーリーを聞くうちにますます惹き込まれ、モノづくり大国ドイツと日本には通ずるものが多くあると確信しました。一度は、メーカーもこだわりが強い分、アジアは欧米での展開後に予定していると断られましたが、私のあまりに強いオファーに根負けしたのか、この度、アジア初の日本で販売を開始できることになりました。

メーカーは、日本の研ぎの文化と技術を尊敬し、日本での展開をとても楽しみに 応援してくれています。ヨーロッパは、そもそもナイフを鋭く研ぐ文化がないそうです。それでも、ロールシュライファーの発売を機に、確実に新たな市場を切り開きました。

何でも安価に手に入る時代になり、日本でも「研ぐ」文化が薄れつつあります。良いモノを大事に、食材をより美味しく。ロールシュライファーは、「研ぎの常識を変え」「研ぎを習慣にする」新たな一手になると確信しています。

共感してくださる皆様に思いが届きますように。

 

よくあるご質問

その他お問い合せはこちらから


HP運営・管理会社
株式会社 C is

問い合わせ先 info@c-is-inc.com